Make milk with a water server
ミルク作りの最適なウォーターサーバーとは?
プレミアムウォーター

ボトル式ウォーターサーバー【プレミアムウォーター】

人気度
月額 3,750円から契約可能
他社との違い 初期費用無料、月額サーバ使用無料
他社との違い 必要なのはお水代だけ

  • 2019年1月31日(金)~ 2020年2月27日(木)
    QUOカード 2,000円分プレゼント!新規お申込みでもれなく全員にWeb限定 QUOカード 2,000円分プレゼント!
  • 他社サービスご利用からの乗り換えキャッシュバックプレゼント
    最大16,500円(税込)キャッシュバック※お水代、その他送料などの手数料はキャッシュバック適用外となります。

 

特徴

ウォーターボトル
  • 業者の引取りが不要な、ワンウェイボトル(ペットボトルと同様に燃えるごみに出せます)
  • 標準的なボトルサイズ12ℓに加え、重くなく少人数家庭に最適な7ℓボトルも販売
  • モンドセレクション5年連続金賞受賞
  • iTQi(国際味覚審査機構)5年連続優秀味覚賞受賞
  • 富士の自社工場によるボトリングを実施
  • 赤ちゃんのミルクにも使える軟水 

 

天然水は日本国内にこだわっています。

  • 採水地:富士吉田 富士山麓の地下約200メートルにある「玄武岩地層」によって長い年月をかけてじっくりろ過された自然の恵みそのままの美味しさを持つナチュラルミネラルウォーターです。
  • 採水地:北アルプス 長野県大町市は3,000m級の北アルプス山岳が広がる、清廉な水資源に恵まれた水源地。北アルプスの雪解け水を地下約200mよりくみ上げました。※配送先が北海道の方に限ります。
  • 採水地:朝来 ホタルの里としても有名な、中国山地の東部に位置する1,000m級の山々に囲まれた水源地。地下約80mよりくみ上げられた自然そのままの天然水です。
  • 採水地:金城 中国山地の麓で、昔から良質の温泉地帯として知られている水源地。地下約700メートルの花崗岩の下でろ過された天然水です。
  • 採水地:南阿蘇 「日本銘水百選」に選ばれた南阿蘇村にあるブナ原生林に流れる伏流水を地下約100メートルよりくみ上げた柔らかな味わいの天然水です。

【プレミアムウォーター】口コミ評判感想

 

いろんな天然水が選べるからいいですね。
デザインがいいから決めました。子供もおいしいと言ってくれて、よく飲んでいます。
赤ちゃんに良いと言われる軟水の水を使っています。家族もおいしいと言ってくれますよ。

 

詳細ページ公式ページ

農林水産省から

農林水産省から|赤ちゃんを守るために!

調製粉乳からミルクを作るときは?

赤ちゃんにとって栄養たっぷりのミルクは、細菌にとっても大好物!ミルクの作りおきはやめて、そのときに飲ませる分だけ作りましょう。

容器に入っている調製粉乳は、清潔なスプーンで上からすくいましょう。また、スプーンを容器の中に入れておくのはやめましょう。

表示されている方法をしっかり守ってミルクを作りましょう。
ミルクを作るときは、殺菌されていない井戸水や湧き水を使わないようにしましょう。

母乳を保存するときは?

母乳を冷蔵庫に保存するときは、24時間以内に飲ませるようにしましょう。
24時間以上保存したい場合は、専用の袋を使って冷凍保存しましょう。

家の冷凍庫は温度変化が大きいのでできるだけ早めに使うようにしましょう。
冷凍保存した母乳は、ぬるま湯で解凍してから哺乳びんにうつし、湯せんで適温に温めましょう。

搾乳するときは雑菌が入らないよう手はよく洗い、搾乳器具を使う場合はよく洗って消毒したものを使いましょう。

清潔な哺乳びんを使いましょう!

哺乳びんは使ったらすぐ洗いましょう。特に乳首は汚れがたまりやすいので専用ブラシでよく洗い、十分すすぎましょう。

哺乳びんは必ず消毒しましょう。煮沸や専用の消毒薬、電子レンジを使って消毒する方法があります。

煮沸するときは、ガラス製なら7分程度(樹脂製の場合は、説明書に従いましょう)、乳首とキャップは3分程度鍋で煮立てます。熱いうちに取り出し清潔なふきんの上で水切りしましょう。

消毒薬や電子レンジを使う場合は、説明書の方法に従いましょう。
消毒後はよく乾燥して、清潔なフタ付きの容器で保管しましょう。

出典:農林水産省

農林水産省
住所:〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
電話:03-3502-8111(代表)
法人番号:5000012080001
https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/baby.html

厚生労働省から

厚生労働省|水道を取り巻く状況

①老朽化の進行
• 高度経済成長期に整備された施設が老朽化。年間2万件を超える漏水・破損事故が発生。
• 耐用年数を超えた水道管路の割合が年々上昇中(H28年度14.8%)。
• すべての管路を更新するには130年以上かかる想定。

②耐震化の遅れ
• 水道管路の耐震適合率は4割に満たず、耐震化が進んでいない(年1%の上昇率)。
• 大規模災害時には断水が長期化するリスク。

③多くの水道事業者が小規模で経営基盤が脆弱
• 水道事業は主に市町村単位で経営されており、多くの事業が小規模で経営基盤が脆弱。
• 小規模な水道事業は職員数も少なく、適切な資産管理や危機管理対応に支障。
• 人口減少社会を迎え、経営状況が悪化する中で、水道サービスを継続できないおそれ。
これらの課題を解決し、将来にわたり、安全な水の安定供給を維持していく
ためには、水道の基盤強化を図ることが必要。

④計画的な更新のための備えが不足
• 約3分の1の水道事業者において、給水原価が供給単価を上回っている(原価割れ)。
• 計画的な更新のために必要な資金を十分確保できていない事業者も多い。

→これらの課題を解決し、将来にわたり、安全な水の安定供給を維持していく
ためには、水道の基盤強化を図ることが必要。

併せて、所在確認の取れない指定給水装置工事事業者の排除、無届工事や不良工事の解消も課題。

出典:厚生労働省 「水道を取り巻く状況」
https://www.mhlw.go.jp/content/000463052.pdf

厚生労働省
法人番号6000012070001
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
電話番号 03-5253-1111(代表)